浜田の食材一覧

浜田の食材

浜田の食材と言ったら水産ブランドの“どんちっち”で決まり!

どんちっちブランド

“どんちっち”とは?

どんちっちとは、神楽の囃子を表現する幼児言葉で、それが転じて石見(いわみ)神楽全体を意味するようになりました。「どんちっちアジ」「どんちっちノドグロ」「どんちっちカレイ」の三魚を山陰・浜田を代表する「どんちっち」としてお届けしています。
どんちっちあし

どんちっちあじ

島根県西部沖で穫れるアジは、昔から脂ののりがよく、旬の時期にはトロにも匹敵すると言われてきました。近年、島根県水産技術センターの研究によりポータブル脂質測定器が導入され、出荷時に科学的データに裏打ちされた美味しさが証明されています。
どんちっちのどぐろ

どんちっちのどぐろ

いまや高級魚となったのどぐろは“浜田市の魚”に指定されています。島根県沖から山口県沖で穫れるのどぐろは、脂質含有量が高く、希少性もあって非常に高級な魚であり、近年その人気はますます高まっています。ぜひその美味しさを味わってみてください。
どんちっちカレイ

どんちっちカレイ

浜田漁港で穫れる魚の代表的なカレイは、ミズガレイ・エテカレイ・ササカレイの3種です。塩干品は全国一の生産量を誇り浜田市周辺の特産品のひとつにもなっています。淡白な中にも上品な味わいが人気を呼んでいます。

浜田にはその他にも美味しい“海の幸”がいっぱい!

メダイ

メダイ

主に一本釣りで漁獲されています。 白身でありながら非常に脂の乗った魚で、外観からは想像できませんがとても上品な味わいがあり、刺身、焼き物、揚げ物、煮つけと、どんな料理にも合う万能な食材として重宝されています。
バトウ

バトウ

浜田漁港へ水揚げされるバトウは、獲れたてのものは刺身にし、裏ごしした肝臓に醤油を加えた「肝醤油」に付けて食べるのが「通」な食べ方です。さらに、加熱すると旨味が出てフライや煮付けも美味!
ケンサキイカ

ケンサキイカ

特に集魚灯を用いた夜釣りは漁火(いさりび)となって、港町浜田を代表する風情のひとつになっています。イカの中でもケンサキイカは甘味成分が多く、「浜田のイカは甘くて美味しい」という評価につながっています。
ウチワエビ

ウチワエビ

水洗いしたウチワエビをそのまま網の上で甲羅が焦げるくらいに焼き、皮を剥いて塩や醤油で食べるのが一番美味しいといわれています。
アンコウ

アンコウ

浜田港で穫れるアンコウは全国でも上位に入る漁獲量を誇り、アンコウとキアンコウが水揚げされます。そのほとんどがキアンコウであり、浜田のキアンコウは美味しさもトップクラスとされています。

浜田の豊かな自然で育まれた農産物

弥栄米

弥栄米

浜田市弥栄町は、寒暖の差が美味しいお米を作る石見地域屈指の良質米産地で、”清らかな水”に恵まれた昔ながらの農村風景が広がっています。一度食べるとまた食べたくなる甘みやねばりが自慢のお米です。
ピオーネ

ピオーネ

「ピオーネ」は、「巨峰」を母に英国産の「カノンホール・マスカット」を交配して作り、大粒、種なしが特徴で、甘さと酸味のバランスがとれた最高級品質のブドウです。
赤梨

赤梨

「浜田市旭町の赤梨」は、愛甘水、新水、幸水、豊水、新興、新高、愛宕と 7つの種類があり、8月~12月までそれぞれ収穫されます。
西条柿

西条柿

特徴はなんといってもその味と形です。干し柿やあんぽ柿(生果と干し柿の中間)がありいろいろな食感と味覚が楽しめます。
    • 浜田の魅力
    • 浜田の旬カレンダー