浜田の四季と食about hamagochi

カレイ

地産地消とおもてなしの心でお客様をお迎えするのが、「浜田のごちそう食べよう会です。」
海山の豊かな自然に育まれた浜田の食材。
その恵みを生かした自慢の料理「はまごちツープライスメニュー」に舌鼓を打ってみませんか?

島根県浜田市の
旬の味覚
味わおう
どんちっちロゴ

どんちっち

どんちっち

“どんちっち”とは?

“どんちっち”とは?

どんちっちとは、神楽の囃子を表現する幼児言葉で、それが転じて石見(いわみ)神楽全体を意味するようになりました。「どんちっちアジ」「どんちっちノドグロ」「どんちっちカレイ」の三魚を山陰・浜田を代表する「どんちっち」としてお届けしています。

どんちっちロゴ
  • アジ

    アジ旬の時期7月〜9月

    島根県西部沖で穫れるアジは、昔から脂ののりがよく、旬の時期にはトロにも匹敵すると言われてきました。近年、島根県水産技術センターの研究によりポータブル脂質測定器が導入され、出荷時に科学的データに裏打ちされた美味しさが証明されています。

  • のどぐろ

    のどぐろ旬の時期8月〜5月

    いまや高級魚となったのどぐろは“浜田市の魚”に指定されています。島根県沖から山口県沖で穫れるのどぐろは、脂質含有量が高く、希少性もあって非常に高級な魚であり、近年その人気はますます高まっています。ぜひその美味しさを味わってみてください。

  • カレイ

    カレイ旬の時期8月〜2月

    浜田漁港で穫れる魚の代表的なカレイは、ミズガレイ・エテカレイ・ササカレイの3種です。塩干品は全国一の生産量を誇り浜田市周辺の特産品のひとつにもなっています。淡白な中にも上品な味わいが人気を呼んでいます。

浜田にはその他にも美味しい
“海の幸”がいっぱい!

“どんちっち三魚”意外にも、日本海の恵みをたっぷり受けて育った美味しい海の幸がいっぱい!

  • メダイ

    メダイ旬の時期7月〜9月

    主に一本釣りで漁獲されています。 白身でありながら非常に脂の乗った魚で、外観からは想像できませんがとても上品な味わいがあり、刺身、焼き物、揚げ物、煮つけと、どんな料理にも合う万能な食材として重宝されています。

  • バトウ

    バトウ旬の時期8月〜5月

    浜田漁港へ水揚げされるバトウは、獲れたてのものは刺身にし、裏ごしした肝臓に醤油を加えた「肝醤油」に付けて食べるのが「通」な食べ方です。さらに、加熱すると旨味が出てフライや煮付けも美味!

  • ケンサキイカ

    ケンサキイカ旬の時期8月〜2月

    特に集魚灯を用いた夜釣りは漁火(いさりび)となって、港町浜田を代表する風情のひとつになっています。イカの中でもケンサキイカは甘味成分が多く、「浜田のイカは甘くて美味しい」という評価につながっています。

  • ウチワエビ

    ウチワエビ旬の時期9月〜5月

    水洗いしたウチワエビをそのまま網の上で甲羅が焦げるくらいに焼き、皮を剥いて塩や醤油で食べるのが一番美味しいといわれています。

  • アンコウ

    アンコウ旬の時期12月〜2月

    浜田港で穫れるアンコウは全国でも上位に入る漁獲量を誇り、アンコウとキアンコウが水揚げされます。そのほとんどがキアンコウであり、浜田のキアンコウは美味しさもトップクラスとされています。

浜田の豊かな自然で囲まれた農産物

日本海だけではなく、雄大な中国山地の山々にも恵まれている浜田市。
豊かな自然の中でいきいきと育った農産物も名産です。

  • 弥栄米

    弥栄米旬の時期9月〜10月

    浜田市弥栄町は、寒暖の差が美味しいお米を作る石見地域屈指の良質米産地で、”清らかな水”に恵まれた昔ながらの農村風景が広がっています。一度食べるとまた食べたくなる甘みやねばりが自慢のお米です。

  • ピオーネ

    ピオーネ旬の時期8月〜10月

    「ピオーネ」は、「巨峰」を母に英国産の「カノンホール・マスカット」を交配して作り、大粒、種なしが特徴で、甘さと酸味のバランスがとれた最高級品質のブドウです。

  • 赤梨

    赤梨旬の時期8月〜1月

    「浜田市旭町の赤梨」は、愛甘水、新水、幸水、豊水、新興、新高、愛宕と 7つの種類があり、8月~12月までそれぞれ収穫されます。

  • 西条柿

    西条柿旬の時期10月〜11月

    特徴はなんといってもその味と形です。干し柿やあんぽ柿(生果と干し柿の中間)がありいろいろな食感と味覚が楽しめます。

炊き込みごはん

浜田の郷土料理

どんぶり

合併でひとつになった5市町村の風土と食文化への想いを「五地想(ごちそう)」という言葉に込めて、海と山に囲まれた豊かな食材へのこだわりとおもてなしの心を持ってお客様をお迎えし、食の魅力あふれるまちづくりを行っています。 ここでは、浜田の五地想地域で、昔から家庭で受け継がれれている郷土料理をご紹介しましょう。

浜田の郷土料理

  • ぼべごはん

    ぼべごはん
    材料(4人分)
    • ぼべ貝適量
    • 2合
    • 人参
    • しょうゆ大さじ1
    • 小さじ1/2
    作り方
    • [1]貝の両面をよく洗う。
    • [2]鍋にぼべ貝をいれ、浸かるくらいの水をいれ、強火にかける。
    • [3]身が貝からはがれるので、網じゃくし等で引き上げる。
    • [4]ゆで汁は捨てずにとっておく。
    • [5]炊きあがったごはんに[2]の合わせ酢を混ぜる。
    • [6]炊飯器にといだ米と、ゆで汁、酒、しょうゆを入れ、水加減の目盛に足りなければ水を足す。貝の身と人参のせん切りも入れて炊く。
    ポイント

    ぼべは『かさがい』のことで浜田ではぼべと言っています。炊きあがった釜のふたを開けるとプーンと磯の香りがして食欲をそそります。磯の風味が出るので、ゆで汁は捨てないで使うとおいしいです。

  • 山菜おこわ

    山菜おこわ
    材料(4人分)
    • もち米4合
    • アサリ1パック
    • 人参1/2本
    • 3~4本
    • しめじ1パック
    • ごぼう1~2本
    • A.だし汁1/2カップ
    • A.砂糖大さじ1
    • A.酒大さじ2
    • A.しょうゆ大さじ1と1/2
    • A.塩小さじ1と1/2
    • A.スキムミルク大さじ4
    • A.水少々
    作り方
    • [1]もち米はといで、3時間水に漬けておき、ざるにあげて水気を切る。
    • [2]ごぼうはささがき、人参は3センチ長さのせん切り、しめじは石づきを取ってばらし、しょうゆを少々ふりかけておく。アサリは酒蒸しにし、身を取り出す。汁は捨てずにおく。蕗はゆで、皮をむき、5ミリの小口切りにする。筍は細切りにしておく。
    • [3]Aで具に味をつけておく
    • [4]もち米を蒸し器で20分~30分蒸し、ボウルに移し③の具を混ぜ再び蒸し器にかけ7~8分蒸し上げる。
    ポイント

    木の芽どきといわれる春は山菜のシーズンです。蕗、わらび、ぜんまい、こごみ等々。具材は好みでいろいろ変えることが出来ます。ここでは少し変わった、アサリを使ったおこわを紹介しています。

  • あじ寿司

    あじ寿司
    材料(4人分)
    • あじ4尾
    • 3合
    • だし昆布5cm角程度
    • 大葉適量
    • おろししょうが適量
    • 刻みねぎ適量
    • 合わせ酢
    •  酢大さじ5
    •  砂糖大さじ5
    •  塩小さじ2
    作り方
    • [1]米は炊く30分前にといでざるにあげる。
    • [2]合わせ酢を作っておく。
    • [3]米は同量の水加減で炊き上げ、合わせ酢をふりかけ、切るように混ぜ合わせて冷ます。
    • [4]あじは3枚におろし、適当な大きさに切る
    • [5]寿司飯をにぎり、その上にわさび、あじ、大葉をのせてにぎり、おろししょうがと刻みねぎをのせる。
    ポイント

    あじのかわりに新鮮な魚なら、なんでもおいしいです。あじをおろして残った骨は油で揚げて骨せんべいにすると美味しくエコクッキングにもなりますね。

  • 盆だんご

    盆だんご
    材料(約20個分)
    • だんごの粉(米粉)200g
    • お湯適宜
    • きな粉大さじ3
    • 砂糖大さじ1.5
    • 小さじ1/2
    作り方
    • [1]だんごの粉にぬるま湯を入れて耳たぶくらいの硬さにこねる。
    • [2]沸騰したお湯に丸めただんごを入れ、浮き上がったらすくって水にくぐらせる。
    • [3]きな粉をまぶして出来上がり。
    ポイント

    こねただんごを10分間ラップに包んでねかせると、なめらかでおいしいだんごになります。お盆には水汲みだんご(真ん中をすこしくぼませる)、ねじりだんご、丸だんごをつくります。

  • まき(かしわもち)

    まき(かしわもち)
    材料(約20個分)
    • あんこ
    •  あずき150g
    •  砂糖90g~120g
    •  水3カップ
    •  塩少々
    • だんごの粉500g
    • まきしば40枚
    •  大きい葉で20枚
    作り方
    • [あんこを作る]
      • [1]あずきは一晩水につけておく。急ぐ場合はお湯に3時間つける。
      • [2]鍋に新しい水を入れて強火にかける。沸騰したら湯を捨てる。水を3カップ入れて再び火にかける。
      • [3]あくが出たらとる。弱火にして柔らかくなるまで煮る。(目安は50分程度)
      • [4]あずきが柔らかくなったら、砂糖を2~3回に分けて入れる。塩も加える。
    • [皮作り]
      • [1]だんごの粉に400㏄の水を少しずつそそぎ、耳たぶ位の固さにこねる。20等分にし、平たく伸ばす。
      • [2][1]の皮に、20個に分けたあんを入れ、2枚のまきしばではさみ、15~20分位蒸す。大きな葉は、1枚で包む。 ※ もちが皮につく場合は、包んだ時に片栗粉を軽くまぶしてからまきしばに包むと良い。
    言い伝え

    田植えが終わると「泥落とし」といって、体についた泥をきれいさっぱり落して、労をねぎらう習慣があり、寄り集まってご馳走をし、その時に「まき」を作って食べられていたようです。

  • 鮎めし

    鮎めし
    材料(4人分)
    • 大1尾
    • 3カップ
    • 小さじ2
    • 薄口しょうゆカップ1/4
    作り方
    • [1]米は炊く30分前にといでおく。
    • [2]米の中に鮎を逆さに差し込んで、調味料を入れ、普通に炊く。
    • [3]炊き上がったら、鮎の尾を折り除き、左手で頭を持ち、はしで身を頭から尾に向けてこそぎ落とす。
    • [4]身だけを残して、ご飯に混ぜる。
    言い伝え

    夏の遊びとして行う川狩りには、欠くことのできない料理です。川狩りは家族全員が参加し、役割分担をします。父は川に入って料理用の魚採り。母、祖母は料理づくり、祖父は窯処とわらじづくり、子供達は、焚き木集め等です。 皆が参加して作った料理を囲んで川原で食べるのは、格別です。 その年に最初に採れた鮎を、村の河内神社に供え、おろしたものを川に持って行き、料理して皆で食べたことが始まりといわれ、昔から伝承されてきたものです。

  • いか飯

    いか飯
    材料(4人分)
    • いか中8はい
    • もち米1と1/2合
    • 2カップ
    • みりん大さじ1
    • しょうゆ大さじ3
    • 砂糖大さじ1
    作り方
    • [1]いかは内臓を取り出し、水洗いしておく。
    • [2]米はといで、ざるにあげ水気を切っておく。
    • [3]いかの中に米を少量入れ、つまようじで閉じる。
    • [4]鍋にいかと水と調味料を入れ煮る。
    ポイント

    もち米と米を半々にして作ってもいいです。

  • さば寿司

    さば寿司
    材料(4人分)
    • さば1尾
    • 三杯酢
    •  酢大さじ1
    •  砂糖小さじ1
    •  塩少々
    • すし飯90g
    作り方
    • [1]さばは背割りし、中骨を取って小骨を除き塩(分量外)をして3時間くらいおく。
    • [2]身がしまったら酢(分量外)洗いして、三杯酢につけしめさばを作る。
    • [3]すし飯を魚の形にし、しめさばで包み込むようにしてラップでまく。
    • [4]形を崩さないように、2~3センチの筒切りにして盛り付ける。
    いい伝え

    脂ののったさばはいわしにも負けないおいしい魚です。長持ちさせるため、内臓を取り除き、塩をした後、酢に落として保存します。浜田のさば寿司は盆や秋祭りに登場します。さば1尾を使った豪快な料理です。

  • 角ずし(かくずし)

    角ずし(かくずし)
    材料(20個分)
    • 2合
    • 合わせ酢
    •  酢60cc
    •  砂糖60cc
    •  塩大さじ1/2
    • ごぼう1/4本
    • 人参1/2本
    • 干ししいたけ2枚
    • 長天1/2枚
    • 卵(飾り用)1個
    • 青い葉(飾り用)適量
    • でんぷ(飾り用)適量
    作り方
    • [1]米は普通に炊く。
    • [2]合わせ酢は火にかけ、沸騰前に火を止める。
    • [3]ごぼうはささがきにし、水にさらす。人参、長天は細かく切り、干ししいたけは水に戻し細かく切る。
    • [4][3]をしょうゆ、みりん、酒で煮て、汁気をきって置く。
    • [5]炊きあがったごはんに(2)の合わせ酢を混ぜる。
    • [6]寿司ごはんの中に(4)の具を入れ小さめに丸める。
    • [7]寿司型に入れ、上から押さえ、薄焼き卵、青い葉、でんぷを飾る。
    言い伝え

    四角い寿司型に酢飯と具を詰めて作る押し寿司の一種。四季を通じて旬のものを利用し、殊に春のふき、秋のゆずは香と共に美味で秋祭事のご馳走や来客のもてなし料理として食べられていたようです。

  • おはぎ

    おはぎ
    材料(約20個分)
    • もち米3合
    • うるち米(ふつうの米)2合
    • つぶあん1キロ弱
    作り方
    • [1]もち米と、うるち米は一緒にして洗う。
    • [2]普通にごはんを炊く。
    • [3]炊き上がったら、ごはんをある程度つぶしておく。荒熱がとれたら丸める。
    • [4]丸めたごはんの周りにあんこをまぶして形を整える。
    ぼたもちとおはぎについて

    昔の人は、春はぼたんの花が咲く頃に作られるので「ぼたもち」、秋ははぎの花が咲く頃に作られるので「おはぎ」と言ったそうです。春はこしあん、秋は今年採れた豆を使いつぶあんにして、春と秋のお彼岸に祖先にお供えをしました。

  • だんご汁

    だんご汁
    材料(4人分)
    • 小麦粉120g
    • 大さじ5
    • 大根60g
    • 人参40g
    • ごぼう40g
    • 里芋60g
    • さいつま芋60g
    • 干ししいたけ2枚
    • だし汁カップ5
    • みそ25g
    • ねぎ適量
    作り方
    • [1]ボウルに小麦粉を入れ、水を少しずつ加えてこね、ラップをして1時間ほどねかせる。
    • [2]大根、里芋はいちょう切り、人参は半月切り、ごぼうは皮をこそげてささがき、さつま芋は輪切り、戻した干ししいたけは千切りにする。
    • [3]鍋にだし汁と[2]を入れて火にかけ、野菜が煮えたら[1]を手で薄くのばしながらちぎって加え、団子が煮えたら味噌を入れて味を調える。(薄くのばすとお団子にするより火の通りが早いです。)
    • [4]器に盛り、ねぎを散らす。
    言い伝え

    食の乏しい戦時中などに、ご飯代わりとして小麦粉を水でこねて団子のようにまるめ、根菜を入れた汁の中に入れて食べられていました。また、お産の後母乳の出が良くなるようにと妊婦さんに毎日食べさせていた料理でもあったようです。

  • 白和え 2種

    白和え 2種
    材料(4人分)
    • しいたけ2枚
    • 人参1/2本
    • ほうれん草2束(約30g)
    • 木綿豆腐1/2丁
    • 【A】
    •  だし汁カップ1
    •  みりん小さじ2
    •  しょうゆ小さじ2
    • 【B】
    •  すりごま小さじ2
    •  さとう小さじ1
    •  しょうゆ小さじ1/2
    作り方
    • [1]ほうれん草は1分程度茹でて、水気を絞って3㎝の長さに切る。人参は、3㎝の長さの千切りにする。
    • [2]しいたけは薄切りにする。
    • [3]ほうれん草以外を鍋に入れ【A】でさっと煮て、冷ましておく。ほうれん草を加えなじませる。
    • [4]豆腐は水気を切ったらつぶし、【B】を加えて和える。
      「人参とこんにゃくの白和え」もご紹介します。 ※作り方は、「しいたけの白和え」とほぼ一緒ですが、こんにゃく1/2枚は、短冊切りにして人参と一緒にから炒りして【A】でさっと煮ます。
    言い伝え

    白和えの「白」は煎り胡麻と豆腐をすりつぶして砂糖と塩で味付けした「あえ衣」のこと。秋になると山にキノコ採りに行き、下味を付けたものを使って白和えを作る家庭が多くあり、秋祭りや報恩講のごちそうとして食卓にのります。

  • 煮食い

    煮食い
    材料(4人分)
    • さば3尾
    • 白菜300g
    • ねぎ3本
    • 豆腐1丁
    • 油揚げ1袋
    • 糸こんにゃく1袋
    • 割りしたしょうゆ
    •  しょうゆ1/2カップ
    •  水1と1/2カップ
    •  砂糖大さじ2
    作り方
    • [1]さばを刺身のように切る。
    • [2]しょうゆ、水、砂糖を合わせて割りしたしょうゆを作り、鍋に入れる。
    • [3]鍋の真ん中に白菜、ねぎなどの野菜、油揚げ、糸こんにゃくと豆腐を入れ、まわりにさばを入れて煮る。
    いい伝え

    煮食いとはいわば魚のすき焼きのようなもので冬の代表的な料理です。切れるような寒さが続く日本海の夜、寒い部屋でもみんなで鍋をつついていると心も体もぽかぽかになります。普通は生のさばを使いますが手に入りにくい山間部等では、焼いて保存していたさばを使ったり、いわし等で代用していました。地域によっては唐辛子を入れたり、水で煮て『魚と野菜の水炊き』にしていたところも多くありました。